ペニス増大を目指すなら最低でも5000mgのアルギニンは毎日摂取したい

アルギニン 増大 摂取量

 

一般的に成人男性に必要なアルギニンの摂取量は1日当たりに2,000mg〜4,000r程度のの摂取が推奨されています。ただし、これは一般的な男性に対しての推奨量で、ED(勃起不全)の改善やペニス増大を目的とする場合は、5,000r〜10,000rの摂取が推奨されます。

 

実際に海外の大学の研究ではED患者にアルギニンを5000mg一定期間投与した結果、ED改善に効果がみえたという報告があるそうですから、ペニス増大に関しても1つの目安量となるでしょう。

 

増大に必要なアルギニンの摂取は精力剤やサプリメントでなければ厳しい

アルギニン 増大 食事

 

アルギニンは、アミノ酸の1種ですので、豆類や魚介類、肉類に豊富に含まれており、摂取自体は比較的容易です。

 

とはいえ、食事から比較的摂取しやすい成分とはいえ、ペニス増大を目指すための摂取量を食事だけで賄うのは困難です。

 

また、食事から摂取するアルギニンは、たんぱく質を構成する形で含まれていることも多く、アルギニン単体、つまり「遊離アミノ酸」としては含有量が少ないということも珍しくありません。そのため、アルギニンを多く含む食品を摂取しても、充分なアルギニンを吸収できるとは限らないと言えます。
 加えて、魚介類や肉類には脂肪やコレステロールを多く含むものも多く、アルギニンとともに脂質やコレステロールを過剰に摂取してしまうこともあり得ます。

 

そのため、アルギニンの摂取には精力剤やサプリメントの利用が効果的です。サプリメントや精力剤であれば、遊離アミノ酸の状態のアルギニンを摂取できますし、アレルギーや摂取カロリーに関する食事制限がある方でも簡単に摂取できますので、日々の食生活で不足しているアルギニンを補うには最適だと言えます。

 

アルギニンだけでなくシトルリンの量にも注目

アルギニン シトルリン 増大

 

精力剤やサプリメントからアルギニンを摂取する際にはアルギニンだけでなく、シトルリンという成分の量にも注目してください。

 

なぜなら、シトルリンは体内でアルギニンへと変換され、アルギニンはシトルリンへと変換されるNO(一酸化窒素)のサイクルを起こすからです。

 

アルギニンは実は体内への吸収率が低いのに比べて、シトルリンは体内への吸収率が高いため体内でアルギニンに変換するシトルリンを摂取することが非常に重要となります。

 

また、アルギニンとシトルリンは単体で摂取するよりも一緒に摂取することで吸収率が1.5倍に増えることがわかっています。

 

ですので、アルギニンだけではなくシトルリンの配合量にも注目して精力剤やサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

ペニス増大に必要なアルギニンを摂取するための精力剤(精力サプリメント)3選

 

食事からもアルギニンを摂取することを考えると、精力剤やサプリメントから摂取する目安のアルギニンの量は2000mg程度がいいでしょう。

 

また、シトルリンに関しても500mg程度は欲しいところですね。

 

これらのアルギニンとシトルリンの量を考慮して一緒に摂れるおすすめの精力剤(精力サプリメント)を3つ紹介します。

 

バイオレットドラゴン

アルギニン 増大 サプリ

 

バイオレットドラゴンはアルギニンの1日の摂取量が2000mg、シトルリン1000mgの高配合の精力サプリメントです。

 

その他にもアルギニンの吸収率を高めて中和していくれるクエン酸や男性機能に有効なセックスミネラルとも言われる「亜鉛」なども高配合しています。

 

初回の価格も4.900円で定期購入の回数の縛りもありませんし、90日間の返金保証もついてます。国内の精力サプリメントの中でアルギニンとシトルリンの摂取量ならトップクラスであることは間違いありません。

 

 

バイタルアンサー

アルギニン 増大 サプリ

 

バイタルアンサーはアルギニンの1日の摂取量が1600mg、シトルリン500mgと高配合された高品質の精力サプリメントです。

 

また、アルギニンとシトルリンと同じくNOサイクルを起こすオルニチンも配合していますし、早漏改善に効果があると言われるセロトニンの原料となるトリプトファン、さらには亜鉛も20mgと高配合。

 

安全性に関してもGMP認定の工場で製造されており、全ての面でハイレベルな精力サプリメントです。

 

 

「アルギニンxシトルリン」マッスルプレス

アルギニン 増大 サプリ

 

「アルギニンxシトルリン」マッスルプレスは名前の通りアルギニンとシトルリンを高配合しているサプリメントで、アルギニンは1日2000mg、シトルリンは1日1000mgを摂取できます。

 

元々は筋肉サプリなのですが、アルギニンとシトルリンの配合量は精力剤の中でもトップクラス。しかも、他の成分を一切配合していない為、価格もリーズナブル。

 

そういった意味では1番お試しで購入しやすいサプリメントだといえるでしょう。

 

ただし、アルギニンをそのまま中和せずに摂取すると胃を痛める可能性があるため、摂取する際はビタミンCなどのビタミン類を含むオレンジジュースなどで摂取することをオススメします。

 

 

 

アルギニンの副作用について

アルギニン 副作用 摂取量

 

アルギニンは、天然に存在するアミノ酸の1種ですし、人体にも合成能力がありますので、副作用は殆どありません。推奨量の3倍、つまり30,000rを摂取しても問題はありません。

 

ただし、摂取量を増やしても効果が強まるという物質ではないので、精力剤やサプリメント等から摂る場合は、摂りすぎにに注意してください。

 

サプリメントの場合、飲む量を増やせば、増やした分だけ効果が高まると考える人もいますが、実際は飲み続けなければ効果を実感できないものが多いので、あまり意味はありません。

 

加えて、一部のサプリメントは用量を大幅に超えて飲むと下痢などの症状が出るものもありますので、過剰摂取にならないよう、用法、用量は守って摂取してください。

アルギニンの増大効果の3つの根拠

アルギニン 増大 効果

 

アルギニンが増大に効果がある3つの理由をアルギニンの働きから紹介します。

 

⇒巨根がサプリメントで実現する根拠はコチラから

 

一酸化窒素の生成による血行改善とホスホジエステラーゼ5(PDE5)の抑制効果

 

アルギニンには、一酸化窒素の生成による血行改善とホスホジエステラーゼ5(PDE5)という酵素の働きを阻害することで、ペニスを増大する効果があります。

 

しかし、あくまでアルギニンにはペニスのサイズ自体を増大する作用はありません。加えて、医薬品成分でもないため即効性もありませんので、セックスの直前に摂取してもあまり意味がありません。

 

とはいえ、ペニス内部は、主に海綿体で構成されており、この組織は血液が供給されることで膨張し、それによってペニスが勃起します。アルギニンを摂取することで、血行改善作用やPDE5の阻害効果により、アルギニンを摂取しないときに比べて、ペニスがより大きく、硬く勃起できます。

 

そのため、より大きく勃起することを繰り返すことで、海綿体の血管は太くなり、そこに流れ込む血液量を増えるわけですから、ペニスのサイズそのものを増大させることも可能であると考えられています。

 

海綿体を大きく育てるための血管拡張作用と血行促進の働き

 

ペニスを増大させるには、海綿体を大きく育てる必要があります。具体的には、「海綿体への血液供給量を増やす」、「海綿体の血管を拡張する」、「海綿体の細胞分裂を促進し、海綿体そのものを成長させる」という条件を満たす必要があります。

 

ご存じのとおり、アルギニンには血管を拡張することで血行を改善する効果があります。当然、海綿体の血管にも作用しますので、「血液供給量を増やす」、「血管を拡張する」という2点の条件を同時に満たす成分だと言えます。

 

加えて、血行が良くなることで酸素や栄養素の供給も増えますので、新陳代謝が活発になり、細胞分裂も活発になります。この効果も海綿体の細胞に作用しますので、間接的ですが「海綿体を成長させる」という条件も満たしています。

 

成長ホルモンとテストステロンの分泌による効果

 

ペニスのサイズは、一般的に11歳から16歳の5年間、いわゆる思春期に大きく変化します。この変化は、成長ホルモンと男性ホルモンの分泌量増加によるものだと言われており、ペニスの増大に加え、声変わりや筋肉、骨格の発達により背が伸びるなど身体の成長や男性的な特徴が表れてきます。

 

この時機に分泌される成長ホルモンと男性ホルモンであるテストステロンはペニスのサイズに深く関わっています。

 

テストステロンは精巣から分泌されるホルモンですが、テストステロンの分泌量にはアルギニンも関与しています。アルギニンには精巣の活動を活発にする働きがあり、精巣の活動が活発になればそれだけテストステロンの分泌量が増え、ペニスの増大にもつながりやすくなります。

 

また、アルギニンは成長ホルモンの分泌にも関与しています。成長ホルモンは二次成長期が分泌量のピークで、それ以降分泌量が減っていきます。これにはソマトスタンチンというホルモンの1種が関係しています。このホルモンは、主に脳下垂体からの成長ホルモンの分泌や消化器系の働きを抑制する効果があります。

 

アルギニンは、ソマトスタンチンの働きを抑制することで、成長ホルモンの分泌量を向上させると言われています。成長ホルモンの分泌が増えることで、ペニス増大はもちろん、新陳代謝が活発になることで、傷の治癒が速まったり、糖質や脂質の消費量が増え、メタボのリスクが低減するといった効果もあります。

まとめ〜アルギニンは食事も含めて5000mgを目標に摂取しよう

アルギニン 増大 効果

 

増大効果を得るために必要なアルギニンの1日の目安量は食事も含めて最低5000mgを目標にしましょう。

 

そのためには通常、1日3食バランスよく食事をすることがまず大前提となりますが、その上で2000mg前後のアルギニンを精力剤やサプリメントから摂取したいところです。

 

また、アルギニンだけではなくシトルリンの摂取量にも注目しましょう。これに加えて亜鉛もあれば精力増強の効果としても最高の働きが期待できます。

 

そして、より短期間での増大効果を発揮するには筋トレ(特に下半身の筋トレ)も非常の効果的ですのでやってみるといいでしょう。